膀胱炎の抗生物質の注意点は?

膀胱炎の予防に最適なサプリメントはありますか?

耐性菌などが増えてきている現状に要注意

体内に抗生物質を入れるのは体にも負担となり、使用の制限があったり、近年、薬の効かない菌(耐性菌)が増えてきている事も問題になっています。

抗生物質は、急性膀胱炎の特効薬としては有効な方法かもしれないけど、長い目で見た時に、本当に使って良いのか不安要素は少なくありません。

そもそも、処方薬というのは症状が現れてから服用するものなので、膀胱炎の場合も再発してから薬を貰いに行くというのは、できる事なら使用せずにその前段階で予防したいものですよね…。

これは、日本の健康保険制度も関係していますが、病気に対してはすんなり薬を処方する事が出来ても、予防に対しては、保険適用の料金で薬を出せない事などもあり、結局、処置が後手になってしまう場合も少なくないようにも感じます。

抗生物質の使用は、耐性菌が居ない状態なら早急な改善も可能だと思いますが、そもそも、膀胱炎が繰り返すものという前提で使用している事も考え直した方が良いのかもしれないと思います。

再発するという事は、免疫力が低下しやすい状態に居るという事です。
これが体質だけではなく、抗生物質を繰り返し使用している事も関係している可能性も否定できないので、出来る限り薬には頼らない方が良いのは言うまでもありません。

薬を用いた対症療法は、その症状は、沈静化する事が出来ても、それ以外の部分で副作用となって現れる事もあるので注意したいもの。

その点、漢方薬(生薬由来成分)やサプリメントは、予防として用いる事ができて使用制限も無く、耐性菌が現れる心配も無いのは、利点かもしれません。