漢方薬もサプリメントも結局同じ?

膀胱炎の予防に最適なサプリメントはありますか?

どちらも有効性の高い天然成分を含むもの

まず、市販されている漢方薬には、ボーコレンや腎仙散(ジンセンサン)などがありますが、これらの働きは、主に抗菌作用と利尿作用という印象があります。

大腸菌などの原因菌を増やすのを防ぐのに有効な生薬由来成分、排尿を促す生薬由来成分がそれぞれ複数含まれている事で、総合的に膀胱炎などに有効というものです。

対して、サプリメントであるドクターズチョイスのクランジンプラスの場合は、膀胱炎の改善に有効なクランベリー由来のキナ酸とDマンノースを特許のバランスで配合しているので、これらの持つ抗菌作用と大腸菌を排出する作用が期待されます。

更に、抗菌力をアップする乳酸菌も配合されています。

このように、漢方薬もサプリメントも同様に、膀胱内の抗菌力を高めるのに有効な天然由来成分や原因菌を排出する為に有効な成分を配合しているという意味では、近しいものがあるようにも思えます。

違いがあるとすれば、ドクターズチョイスのクランジンプラスの場合は、含まれる成分が直接大腸菌を結合して排出する働きがあると確認されている事かなと思います。

後は、実際に試してみてどのように感じるかという部分だったり、購入しやすさなどで考える事もあるかなと思いますが、漢方薬のニオイや味がダメだったり、効き目がいまいちだったというなら、サプリメントのクランジンを試してみる理由にはなりそうです。

いずれにしても、発症してから薬を飲む抗生剤よりは、兆候が現れてきたら早めに飲む漢方薬やサプリメントで解決するなら、膀胱炎の辛さをまた味わうリスクは少なくなると思います。