サプリメントで膀胱炎の予防

膀胱炎の予防に最適なサプリメントはありますか?

膀胱炎はなぜ再発しやすいの?

「膀胱炎は、再発するもの」と諦めていませんか?

私も体調が悪くなったり忙しくて疲れが溜まってくると、再発するものなのだと思っていました。

では、なぜ膀胱炎は再発しやすいのでしょう?

再発しやすい理由があるハズです。
一度でも発症すると、その後は、体調次第で再発しやすくなるというのがどうしても引っかかります。

調べてみると、”治ったと思って薬を飲みきらなかった事が原因”なんていう情報がありました。

これってどうなんでしょうか…。

この場合は、再発に耐性菌が関係しているように思います。
これは、抗菌薬に対して抵抗力を持った細菌類の事ですが、膀胱炎が治ったと思って薬を飲むのを中断すると生き残った菌に同じ薬が効かなくなる状態の事です。

でも、薬を飲みきらなかったから再発しやすくなるというのなら、薬に頼る以上、いずれ起こる事です。

となると、薬は根本的な解決には至らないという事がわかります。

それに、薬の効き目に個人差があるのは当然なので、すべて飲みきれば再発を防げるとか、完治するという事では無いと思います。

また、抗生物質の殺菌作用は、人体にも負担となります。

水分を沢山摂る方法も良くない?

薬に頼らず膀胱炎を治す為に、水分を沢山摂るという方法がありますが、これは、大丈夫なのでしょうか?

調べてみると、低体温、冷え性の場合は要注意だそうです。

水分を沢山摂ると体温が奪われて体を冷やしてしまうので、血行も悪くなり、免疫力も落ちるので、あまり効果的ではないという指摘もあります。

特に膀胱炎が体の冷えから来ている自覚がある場合は、体温を下げたことが原因である可能性は高いので、水分を沢山摂るのは避けた方が良い方法かもしれません。

今では、デトックスという言葉も当たり前に使われるようになっていますが、必要以上に水分を摂るのは、体を冷やすだけでなく、血液を薄めたり下半身のむくみの原因ともなるので、良い方法だとは限らないそうです。

そう考えると、膀胱炎対策として水分を沢山摂る前に、運動して体温を上げる事で免疫力をアップしてからの方が良さそうです。

今ならサプリメントだけで膀胱炎が解消できる

働きは確かだけど、使い方によって効き目が無くなる抗生物質より、自然の果実に含まれている成分の方が根本的な解決になるという事を知りました。

その成分を含んだサプリメントがドクターズチョイスのクランジンプラスです。
詳細を確認したい場合は、クランジンプラスの販売ページの解説がわかりやすいです。

膀胱炎の悪化を防ぎ再発を予防するちゃんとしたメカニズムがあるようです。

抗生物質を使っても再発するのはなぜ?

抗生物質の働きは、簡単に考えると原因となる大腸菌を殺菌してくれる事ですが、デメリットとして、良い菌まで殺菌してしまう位強いものだという部分があります。

それに、膀胱内だけに局所的に働きかけるわけではなく、例えば、腸内だったり膣内にも影響が及ぶのは避けられないと考えると、抗生物質を服用する事によって、体にとって良い働きとなる善玉菌すらも減らしてしまう事が考えられます。

実際、膀胱炎は免疫力が落ちている時に発症したり、再発しやすいという事を考えると、一時的に炎症は抑えられたつもりでも、体を守る機能も一緒に抑え付けてしまっては元も子もありませんよね…。

予防できたら辛さも回避

健康や医療関連の本も今までに何十冊と読んできて、中には、現役のお医者さんが書かれているものなどもありましたが、そういう人たちの中にも、薬に対する懸念についての情報を見かける事が多々ありました。

薬は、その働き自体は、症状を抑えるものであっても、それが、体にとっての影響と考えると、有害性を持っているので、無毒にする為に、体に負担が大きいものです。

そういう事を知ってしまうと、出来るだけ薬には頼りたくないなというのが本音。

そこで、薬以外の解決方法が無いかと思い探してみた時、膀胱炎を予防する目的の特許成分”クランジン(Cran GYN)”というものがある事を知りました。

膀胱炎予防の特許成分”クランジン(Cran GYN)”とは?

海外では、もはや当たり前のように使われているそうですが、この成分は、膀胱内の大腸菌をキャッチして流す働きがあり、それが、特許となっているらしいです。

「どうやって大腸菌をキャッチできるの?」

ドクターズチョイスのクランジンプラスにも含まれるこの成分は、以前から膀胱炎に効果的と言われているクランベリー由来の二つの成分を独自に配合しているそうです。

その配合割合が特許との事でした。

  • キナ酸:膀胱内では馬尿酸となり酸性に保つ
  • Dマンノース:大腸菌を吸着する働きがある成分

クランベリーには、キナ酸とDマンノースという二つの成分が含まれているのですが、両方とも膀胱炎の予防や改善への有効性の高い成分です。

膀胱内が酸性だと何が良い?

まず、キナ酸ですが、体内に吸収されると血液中を通って最終的には、膀胱内までたどり着くそうですが、この時に馬尿酸という成分に変化するそうです。

「ウマの尿?」という漢字が気になりますが、元々は、馬などの草食動物から発見された有機酸だそうです。この有機酸というのは、弱酸性の性質を持っていて水中でも、ほとんど、このままの形で分解されない成分的な特徴があります。

つまり、弱酸性の状態を膀胱内で保つ事で、弱アルカリ性で増えやすい大腸菌などの悪玉菌の繁殖を抑える事が出来るという事のようです。それが、きちんと膀胱まで届き、弱酸性を保つというところが大事なんだなとわかります。

という事で、まずは、大腸菌を繁殖させないようにする環境に良い働きがクランジンの一つの特徴となりますね。

大腸菌をキャッチする?

続いて、Dマンノースですが、こちらは、大腸菌を直接キャッチして流す事が可能な成分らしいです。流すというのは、排尿で勝手に出て行くだけなので、キャッチする事が出来るという部分が本質かなと思います。

このDマンノースは、天然由来の糖質との事ですが、特徴として、インスリンの分泌に影響を受けない事と大腸菌を結合する働きがあるそうです。

インスリンは、血糖値を下げるものであり血液中の糖質を細胞内に押し込む為に必要ですが、それを刺激しないので、細胞に吸収される事なく最終的に膀胱にたどり着きます。

すると、膀胱内の大腸菌と結合し、その働きを抑えこむそうです。

そもそも大腸菌は、膀胱内を泳いでいるのではなく、膀胱の膜(粘膜)に結合して活動するそうなので、それをさせない事で炎症を抑えられるという仕組みです。

クランジンのサプリメントなら何がある?

このように、膀胱炎予防に最適な成分として、特許も取得してあるクランジンがあるので、それなら、このサプリメントを試してみるのが手っ取り早い。

という事で、どのようなものがあるのか探してみたところ、見つけたのがドクターズチョイスのクランジンプラスでした。

このサプリメントは、特許成分のクランジンに加えて、更に、別の特許成分が配合されています。それが、5種類の乳酸菌によるものです。

つまり、ダブル特許の膀胱炎サプリメント。

「乳酸菌も膀胱炎に有効?」

と思って確認してみると、海外の研究発表でも、体内の乳酸菌を増やすと膀胱炎の予防効果が高いと言われているそうです。また、カンジダ膣炎などに対しても乳酸菌が有効とされているので、いずれにしても、女性の感染症予防には最適な乳酸菌だと思えます。

また、乳酸菌は、膀胱や膣炎だけじゃなく、単純に便秘解消にも有効なので、もしも便秘がちで膀胱炎になりがちというのなら、両方の意味で活用できるサプリメントとなってくれるかもしれません。

これで本当に再発は防げる?

こればかりは、実際に試してみないとわからない部分も多いですが…。

今までのように”再発→つらい→抗生物質”だったものが、
”兆候→クランジンプラス→再発阻止(予防)”となれば、膀胱炎のあの辛さをもう経験せずに済むかもしれません。

「あー…、また来た、数日ツライなぁ…」と思ってしかたなく数日の辛抱が、「なんとなくヤバいかな」と思った時に、クランジンプラスを飲んでやり過ごす事ができるなら、その方が備えにもなり気持ち的にも楽だと思います。

それに、抗生物質と違い体への負担も無く、必要に応じて続ける事が出来るという部分を踏まえても、使い勝手が良いのかなと言えます。

後は実際に試してみなければわからない部分もありますが、この製品は、全額返金保証付きとなっているそうなので、効果が無ければ返品も可能です。
そういう意味でも、試すだけ試してみる候補としては良い気がしました。